/

この記事は会員限定です

日銀決定会合議事録 リーマン破綻、利下げ後手に

08年7~12月

[有料会員限定]

日銀は29日、2008年7~12月の金融政策決定会合の議事録を公開した。米証券大手リーマン・ブラザーズが9月15日に経営破綻したのをきっかけに、世界経済は「100年に1度」の危機に陥る。世界の中央銀行が協調体制を打ちだし、日銀も10月、12月と利下げに動く。だが後手に回ってしまい、緩和策が小出しだと批判を浴びる。10年すぎてもなお日本経済に深い傷痕を残すことになるショックに日銀はどう対峙したのか。(肩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2857文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン