韓国・現代自動車の不振、部品産業を直撃
前期営業47%減益、大手の破綻相次ぐ

2019/1/28 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国の現代自動車の不振が同国の車産業を直撃している。2018年12月通期の連結営業利益は主力の対米輸出の伸び悩みなどで、前の期より47%減った。現代自が直接取引する地元の1次部品メーカー(ティア1)は同社への依存度が8割と高い。18年には、現代自のティア1で08年の世界金融危機後、初めて複数の経営破綻が起きた。部品大手の衰退は韓国の車産業の復活を厳しくしかねない。

現代自が24日発表した18年1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]