大谷再興 石の里の今(下) 採石業の縮小続く
産業・文化の保持課題に

2019/1/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「うちの近所の大谷石蔵がなくなった」。宇都宮市の幹部は嘆く。うつのみや市政研究センターの2014年度の調査によると、大谷石を使用した建造物は約9000棟。このうち石蔵は10年前から約1割減少したとされる。老朽化などで取り壊しが相次ぎ、大谷石文化を感じられる景観は減っている。観光振興が加速する一方、大谷石を使う文化や採掘業の維持が課題になっている。

宇都宮市は昨年6月、大谷石の魅力を広めようと、民…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]