中部地整局、中山間部で自動運転実験 郡上市

2019/1/28 17:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部地方整備局は3月にも岐阜県郡上市で、自動運転機能の付いたワゴン車の実証実験を行う。中山間地域の狭い山道でのすれ違いや積雪への対応など、自動運転の有効性を確かめる。地元高齢者の外出機会を増やしたり、郵便・物流の効率化を高めたりできるかも焦点になりそうだ。

市内の「道の駅 明宝」などを回るルート(一周6.7キロ)を6日間にわたって走行させる。測量ソフト開発のアイサンテクノロジーの技術を搭載したト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]