北方領土「2島返還」論 安倍家30年目のデジャブ
編集委員 清水真人

政治アカデメイア
コラム(政治)
(1/3ページ)
2019/1/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北方領土問題を解決して日ロ平和条約を締結する意欲を燃やす首相の安倍晋三。北方四島のうち、歯舞群島と色丹島の日本への引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎とする交渉は、父の安倍晋太郎も病と闘った晩年に探りかけた。だが、両外交当局ともに「2島返還」論には乗ろうとせず頓挫し、政治的打撃を被る痛恨事となった。足かけ30年目、父の遺志も継ぐ交渉で、晋三はデジャブ(既視感)を振り払えるのか。

■父・

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]