/

この記事は会員限定です

インドの食料事情改善に日本の技術

(グローバルViews)

ムンバイ支局 早川麗

[有料会員限定]

インドで食料事情の改善に向けた日印協力が広がっている。虫食いや病害、コールドチェーン(低温輸送網)の不備による農作物の廃棄が大きな問題となる中、日本の技術や知恵を採り入れる動きが相次ぐ。日本企業にとって商機であるだけでなく、インドの農家の収入向上などに貢献しそうだ。

野菜洗浄剤に30分

ムンバイ市内の飲食店で働くビクラム・コトリさんは店でも自宅でも、野菜を料理に使う前に専用洗剤で洗う。「野菜に虫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン