/

この記事は会員限定です

マイナス金利3年、日銀 次は追加緩和か利上げか

[有料会員限定]

日銀が短期金利をマイナス0.1%に誘導する「マイナス金利政策」を決めてから29日で3年になった。「2%の物価安定目標をできるだけ早期に実現するため」(黒田東彦総裁)とうたったが目標達成はまだ見えず、政策への評価は定まらない。一方で世界経済に減速感が強まり、エコノミスト20人の今後への見方は「追加緩和」と「利上げ」で割れている。

日銀は銀行からの預金(当座預金)の一部にマイナス0.1%の金利を適用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1629文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません