メルシャン社長にキリンビール長林氏

2019/1/28 15:40 (2019/1/28 17:05更新)
保存
共有
印刷
その他

キリンホールディングス(HD)は28日、傘下のキリンビールの長林道生執行役員(54)を、同じく傘下のワイン大手メルシャンの社長にあてる人事を発表した。3月下旬に就任する。代野照幸社長(58)は退任する。代野氏は日本ワインの事業基盤を固めた。キリンHDが2019年に新たな中期経営計画を始めるなか、新体制により次の成長をめざす。

メルシャン社長に就くキリンビールの長林道生執行役員

長林氏は営業畑を中心に歩んできたが、ベトナムの事業を軌道に載せるなど幅広い経験があり適任と判断した。

長林 道生氏(ながばやし・みちお)88年(昭63年)上智大外卒、キリンビール(現キリンHD)入社。11年インターフード(ベトナム)社長。18年キリンビール執行役員。東京都出身。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]