2019年2月18日(月)

レアメタル争奪、ソフトバンクやBMWが鉱山に資金

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
自動車・機械
環境エネ・素材
2019/1/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コバルトやニッケルなど希少金属(レアメタル)の確保競争が熱を帯びてきた。電気自動車(EV)や再生可能エネルギーの電池で必要な材料ながら、中国勢の攻勢を背景に供給不安や市況の波が大きいためだ。ソフトバンクグループ(SBG)や独BMWなど消費者に近い業界が上流の鉱山事業に接近。非鉄メーカーもリサイクルの革新を競い、脱石油時代の新産業を支える。

カナダ東部ケベックから山や湖を越え800キロメートル余り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報