/

この記事は会員限定です

不自然な中国の成長、いつまで信用するか

アジア総局編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

「信頼性はないが、風がどちらに吹いているかを教えてくれる」。駐中国米大使を務めたステープルトン・ロイ氏が中国の経済統計について、中国首脳のこんな言葉を紹介していたことがある。

1月21日発表の中国の実質成長率は6.6%と「28年ぶり低水準」。それでも高すぎると受けとめた人は多い。発表を受けて東京財団政策研究所の柯隆主席研究員が日本記者クラブで講演し、「2018年の新車販売台数が前年比2.8%減だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン