/

この記事は会員限定です

函館のイカ、10年で単価3倍 水揚げが最低水準

(データ解読)

[有料会員限定]

スルメイカの価格が高騰している。函館市水産物地方卸売市場での単価は2018年度平均で1キロあたり631円と10年前の3倍近くになった。近年の不漁で品薄感が強まるなか、塩辛やスルメなどの加工業者が原料確保に躍起になったことで価格がつり上がった。イカの街、函館の加工業者は苦境にあるが、他の原料を使った製品開発が加速している。

函館市によると同市場のスルメイカ(生鮮と冷凍の合計)の18年度の取扱量は7千...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン