/

ネットに刺さった初の政治家 アキバは聖地

ワルぶる閣下~その虚実 麻生太郎物語(1)

首相の盟友、政権の屋台骨、首相の精神安定剤――。長期政権として記録を更新する安倍晋三政権において、副総理・財務相の麻生太郎を評する言葉はさまざまだ。初当選から2019年で40年。思わぬ形でインターネットに日本で初めて刺さった政治家にもなった。今でこそ政権のど真ん中に存在するが、かつては非主流派として長くもがいた時代があった。

追い風が吹き始めるかもしれない――。

そんな予感が生まれたのは、今では有名となったある演説の翌日だった。

総裁候補へ訪れた転機

06年9月9日夕、東京・秋葉原駅前で開いた自民党総裁選の街頭演説。場所は今では人気アイドルグループ「AKB48」のショップがある駅前広場だ。安倍晋三、谷垣禎一に続いて最後に演説した麻生は冒頭「秋葉原駅前の皆さん、そして自称『秋葉原オタク』の皆さん」と呼びかけた。麻生の演説がキャプテン翼などの話にさしかかると、それまで足早に歩いていた若者が1人、2人と足を止めて演説に耳を傾け始めた。

当時まだ日本語版のツイッターはなかった。麻生の発言は「2ちゃんねる」などで拡散され、掲示板では「とうとうオタクも市民権を得た」「俺たちの麻生太郎」といった好意的な書き込みが相次いだ。総裁選での安倍優勢は変わらなかったが、演説翌日、ネット上での反応について報告を受けた麻生は予期せぬ反応に驚くとともに、麻生を支えてきた周囲も将来への手応えを感じていた。

「男一匹ガキ大将」から「ローゼン閣下」へ

麻生は子どもの頃から好奇心が旺盛だった。

ボウリングが流行っていると聞けばアベレージが200を超えるまで没頭し、大学生時代にはヨット部での活動にのめり込んだ。初めてはまった漫画は本宮ひろ志の「男一匹ガキ大将」。大学卒業後、米国留学中もわざわざ日本から漫画を船便で取り寄せた。福岡県飯塚市の自宅にはまるまる「ゴルゴ13」という本棚があり、1巻から最新巻の191巻までが収まる。

月に何度か地元に戻る際に、その本棚の前のソファでくつろぐ時間が至福の時だ。今でも私用車の後部座席にはその週発売の漫画雑誌が積み上げられている。秘書の一日の最初の仕事も近くのコンビニで当日発売の漫画雑誌を買うことだ。

「マンガを読んでいると世相の変化がよく分かる」。かつて、そんな発言をするたびに政治家仲間からは「あいつはマンガばかり読んでいる」とからかわれた。だが麻生自身はむしろ自分の「政治家らしくなさ」に誇りすら感じていた。

麻生のマンガ好きは永田町の政治家仲間だけでなく世間にも知られ始めた。05年には、麻生自身はほとんど記憶にないが、羽田空港の売店で少女漫画「ローゼンメイデン」の単行本を手に取っていたとの目撃談がネット上で話題となった。麻生が少女漫画を愛読していたとの話が盛り上がり、「ローゼン閣下」と呼ばれるようになった。

「昔から特技と言えば、ばあさん芸者にもてることだったが、なんで若者にまで受けるようになったのかが分からない。むしろ俺の知らなかった自分の魅力を引き出してくれて感謝したいぐらいだ」。麻生はいまだにこういう疑問を口にする。マンガ好きに加え、麻生の歯に衣(きぬ)着せぬ麻生の物言いも、政治家や役人の曖昧な答弁に共感できない若者層の心をつかんだ。

ネットの住民にうけたのは、麻生にとって思わぬ幸運だったかもしれない。だが、ネット人気を機に一般にも知名度が広がった麻生は、それを武器に首相の座への道を歩んでいく。

小派閥でもがく

それまでの麻生はもがいていた。麻生は01年の自民党総裁選に出馬し、橋本龍太郎や小泉純一郎と総裁の座を争って以降、将来の首相候補に名を連ねてきた。だが、宏池会を脱した麻生が属していたのは小派閥。決して有力候補だったわけではない。既存の自民党支持層は主流派議員がすでに押さえている。

一方、麻生は小泉政権において党政調会長、総務相を務め、首相だった小泉が党内の敵対勢力を「抵抗勢力」と断じ、世論を味方につけながら力をつけていく手法を近くで見ていた。小泉も決して有力な首相候補だったわけではない。麻生は、党内でのしあがるには「新しい層からの支持を自分の力で得なければ勝ち目はない」と考えていた。

まだ政治家では珍しかった「元五輪選手」という経歴は一つの売りだったが、さほど手応えはなかった。だが根っからの漫画やサブカルチャー好きというキャラには思いもよらずネットが食いついてきた。幸運にもちょうど日本でのインターネットの興隆期とも重なった。若者やオタクといった新しい文化の担い手もまた一般の理解者を求め始めていたことも大きかった。

麻生が党内の非主流派という難しいポジションでなければ、それでもネットに注目しなかったかもしれない。実は当時、自民党内では「ネット世論なんて意味がない」と軽視する風潮が強かった。

「加藤の乱」のトラウマ

原因は00年11月、加藤紘一らが森内閣の倒閣に動いて失敗した「加藤の乱」だ。加藤は当時、政治家がほとんど使っていなかったパソコンに通じており、「野党が提出した森内閣への不信任案に同調する」という倒閣に向けた動きでもネット世論に訴える戦略をとった。加藤のもとには激励の電子メールが1万5千通も寄せられていたという。これで加藤は「世論が味方についている」と確信し、倒閣宣言へと打って出た。しかし、党内の賛同者は次々と切り崩され、不信任案への賛成から撤退を余儀なくされた。

加藤はネットユーザーにあおられて失敗した――。その後、自民党はネット世論への働きかけには後ろ向きな姿勢を続けていた。

だが、麻生がその空気を変えた。それは麻生の「意図せぬ成功」だけが要因ではない。

麻生が決して永田町の異端児でも新人類でもなく、小派閥に属するとはいえ、元首相、吉田茂を祖父に持つ「保守本流」の政治家だったことが自民党議員たちの心を動かした背景にある。

安倍につながる「ネット」「若者」「保守」

麻生を人気者に持ち上げた「オタク」たちへの見方も変わった。オタクの聖地「アキバ」。そこは今や首相の安倍が大きな選挙のたびに、かつて定番だった新宿駅西口にかわり最終日最後の演説の場として必ず選ぶ「選挙演説の聖地」だ。秋葉原が「聖地」となって以来、自民党は直近5回の国政選挙でいずれも勝っている。

そして08年9月、麻生は首相の座にのぼりつめた。福田康夫の突然の退陣に伴う自民党総裁選で、石破茂や石原伸晃、小池百合子らを制し、7割近い得票で圧勝した。

当時の自民党は政権交代をめざす民主党に追い上げられ、じり貧状態にあった。小泉純一郎は「自民党をぶっ壊す」というセンセーショナルなキャッチフレーズで旋風を巻き起こしたが、その人気を継ぐと思われた安倍晋三は支持率が急落して参院選で大敗し、次の首相の福田もたった1年で退陣した。

世間では「政権交代」への機運が高まるばかり。「いったいどうすれば支持を取り戻せるのか」と戸惑う自民党の議員らにとって、「アキバ」で若者に人気を博しているという麻生は驚きの対象だった。総裁選での麻生の圧勝は、わらにもすがる思いの自民党議員らによる「選挙の顔」への強い期待の表れだった。

当時のネット人気を支えた学生世代はあれから10年がたち20~30歳代となった。今の安倍政権の支持層と重なる。日本経済新聞の1月の世論調査で内閣支持率を年代別にみると30歳代が65%と最も高い。麻生が「ネット」「若者」「保守」というキーワードで掘り起こした自民党の支持層は時を超えて再び首相となった安倍を支えている。

=敬称略、つづく

(島田学)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

麻生太郎物語

首相の盟友、政権の屋台骨、首相の精神安定剤――。長期政権として記録を更新する安倍晋三政権において、副総理・財務相の麻生太郎を評する言葉はさまざまだ。初当選から2019年で40年。思わぬことから日本でインターネットに初めて刺さった政治家にもなり、今でこそ政権のど真ん中に存在するが、非主流派として長くもがいた時代があった。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン