/

この記事は会員限定です

カナダ、対中苦慮 華為幹部、米国引き渡し交渉期限迫る

擁護の駐中国大使は解任

[有料会員限定]

【ニューヨーク=高橋そら、北京=永井央紀】カナダが、昨年12月に逮捕した中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への引き渡しを巡り、難しいかじ取りを迫られている。26日には中国寄りの発言が問題視された駐中国大使を解任したが、引き渡し要請の期限が今月末に迫る中、圧力を強める中国への対処に苦慮している。

「役職を辞するよう要請し、受諾した」。カナダのト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン