/

仏反政権デモ、参加者は減少 11週末連続

【パリ=白石透冴】フランス各地で26日、11週末連続となる反政権デモが開かれた。今回初めて夜間のデモがパリで実施された。内務省によると、参加人数は直近2回の8万4千人を下回り、6万9千人となった。マクロン大統領が3月までの予定で実施している国民との対話集会が効果を上げている可能性がある。

レピュブリック広場に夜集まった「黄色いベスト」の参加者(26日、パリ)=ロイター

蛍光の黄色いベストを着て集まる反政権運動「黄色いベスト」のデモは26日午前(日本時間同日夕)から始まった。

パリではバスチーユ広場など数カ所でデモが起きた。このうち観光名所のレピュブリック広場では「黄色い夜」と称して夕方からデモ参加者が集まった。低下気味のメディアの関心を再びひこうとしているようだ。

仏メディアが24日に報じた世論調査によると、マクロン氏の支持率は2カ月連続で上がって31%になった。最低賃金の引き上げなどを発表したことや、国民との対話を実施していることが理由になっているもようだ。

デモ参加者の主張はバラバラだ。マクロン氏の姿勢に納得し、このまま参加人数の減少傾向が続くかは不透明だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン