/

この記事は会員限定です

小売り、ネット抵抗力で明暗 主要60社18年度

増益社数比率、ドラッグストア9割 アパレルは5割

[有料会員限定]

小売業界で業績の「業態間格差」が浮かび上がってきた。このほど2018年度の見通しが出そろった主要8業態60社を集計したところ、ドラッグストアは9割の企業が増益の一方、アパレルでは5割が減益だった。いや応なく押し寄せるネット化の大波を前に、実店舗の魅力を磨いたり、ネット販売の取り込みを強化したりして「ネット抵抗力」を高める取り組みが欠かせない。

増益社数の割合を業態ごとに算出した。ドラッグストアでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン