/

札幌の食品会社にも粉末 製薬会社への金銭要求

東京、大阪の製薬会社や新聞社に青酸カリとみられる粉末と金銭を要求する脅迫文が送り付けられた事件で、北海道警は26日、札幌市の食品会社にも25日に同様の粉末と脅迫文が郵送で届いていたと明らかにした。警視庁などは恐喝未遂容疑で捜査している。

道警によると、食品会社は都内に本社がある大手。数ミリグラムの粉末が入ったポリ袋と「近日中に金銭を支払わないと大変なことになる」と書かれた文書が届き、差出人はオウム真理教元幹部の名前だった。

大阪府警も26日、粉末などは25日に大阪市内の製薬会社に届き、入っていた封筒に北海道の刑務所とみられる住所が記載されていたと明らかにした。消印は東京都内だった。昨年1月にも、今回の会社を含む大阪府内の複数社に脅迫文が届いており、関連を調べる。

また警視庁によると、脅迫文には「青酸カリを入れた偽物の薬を作って流通させる。2月22日までに3500万ウォンを(仮想通貨の)ビットコインで送りなさい。送らなければ悲劇が起こる」と記され、送り先としてQRコードもあったが、読み取れなかったという。

毎日新聞社に届いた文書には、死刑が執行された教団元幹部らの「ご冥福をお祈りします」との文言もあった。

警視庁は差出人の中に政治家の名前があると発表していたが、26日午後、事実誤認があり、名前はなかったと訂正した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン