/

聴取男性宅尋ねる 行方不明の女子大生

2018年11月に茨城県内で行方不明となった東京都葛飾区の女子大学生(19)が失踪当日の夜、警視庁捜査1課が任意で事情を聴いている茨城県神栖市の30代の男性が住むアパートの場所を近所の住民に尋ねていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。女子大生は「目隠しをされていた」とも話していたという。同課は事実関係を慎重に調べている。

女子大生は18年11月20日午前、東京都内の大学で授業を受けた後、電車やタクシーを使用して同日夕には同市付近に移動。その後、行方が分からなくなった。

捜査関係者によると、アパートの近くの女性住民宅を尋ねたのは同日の夜で、応対した女性に対し、「記憶を頼りに来たが場所が分からなくなった」などと話した。女子大生は「目隠しをされていた」とも話したが助けを求めている様子ではなく、会話後に徒歩で男性のアパートがある方向に向かったという。

男性はこれまでの警視庁の任意聴取に対し、「女子大生とは家の前で会ったが(女子大生は)帰った」と供述。捜査1課は24日に逮捕監禁容疑で男性宅を家宅捜索するなどして調べている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン