/

大坂が初優勝、全豪テニス 世界ランクも1位に

(更新)

【メルボルン=吉野浩一郎】テニスの全豪オープン第13日は26日、メルボルンで行われ、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日清食品)は7-6、5-7、6-4で第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を退け、日本人として初めて優勝した。

大坂は昨年の全米オープンに続く優勝。四大大会2連勝は2015年のセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来になる。

大会後の世界ランキングで、現在4位の大坂は男女通じてアジア選手初の1位の座に就く。優勝賞金は410万豪ドル(約3億2千万円)。

第1セットは両者譲らず、タイブレークへ。ここで一気にプレーレベルをあげた大坂が先取した。第2セットは先にサービスブレークを許したものの、すぐにブレークバックして主導権をつかむ。しかし、第9ゲームで3度のマッチポイントを握りながら、粘るクビトバに逆転されるとミスを連発、このセットを落とした。

一時、自分のプレーにイライラし、涙目になる場面も見られたが、トイレブレークをとって気持ちをリセットしてから最終セットへ。第3ゲームを先にブレークすると、流れを渡さなかった。

優勝トロフィーは2011年、アジア人として初めて四大大会を制した14年全豪女王の李娜さん(中国)から授けられた大坂。「一度クビトバと対戦したいと思っていたけれど、最初が四大大会の決勝になるなんて、こんな試合で申し訳ない。本当にいい試合ができた。ファンの方々も暑い中、いつも応援に来てくれてありがとう」とスピーチすると、満席の観衆の笑いと拍手を浴びていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません