2019年2月23日(土)

熊本・和水で震度5弱 新幹線が一時停止

社会
2019/1/26 17:51
保存
共有
印刷
その他

26日午後2時16分ごろ、熊本県和水(なごみ)町で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は熊本地方で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4.3と推定される。津波はなかった。この影響で九州新幹線計4本が一時停止し、計11本に最大約30分の遅れが出た。

26日午後、震度5弱の地震の影響による九州新幹線の遅れを伝えるJR熊本駅の電光掲示板=共同

26日午後、震度5弱の地震の影響による九州新幹線の遅れを伝えるJR熊本駅の電光掲示板=共同

県や消防などによると、県内で人的被害は確認されていない。和水町職員は「揺れの時間は非常に短く、棚から物が落ちるようなことはなかった」と話した。

和水町では今月3日にも震度6弱を観測。気象庁は記者会見を開き、「今回の地震は震度6弱の地震の震源付近で発生した。引き続き注意してほしい」と呼び掛けた。今後1週間前後の警戒が必要としている。

JR九州によると、九州新幹線は自動停電システムが作動し、博多(福岡市)―新八代(熊本県八代市)で上下計4本が駅間で一時停止した。九州各地の高速道路では地震による通行止めなどは実施していない。熊本空港を発着する便にも影響はなかった。

九州電力によると、佐賀県の玄海原発、鹿児島県の川内原発で一部の号機が運転中だが、異常は確認されていない。

主な各地の震度は次の通り。震度5弱=熊本県和水町▽震度4=山鹿市、玉東町▽震度3=福岡県大牟田市、佐賀市、長崎県島原市など。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報