/

この記事は会員限定です

トランプ氏、「壁」執着なお 政策停滞リスク根強く

政府閉鎖解除で譲歩

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が25日、これまで拒否してきたメキシコとの「国境の壁」建設費を含まない予算を容認し、政府機関の一部閉鎖がひとまず終わった。トランプ氏はなお「壁」に固執し、閉鎖再発の恐れは消えない。野党・民主党が下院の過半数を握る「ねじれ議会」のもとで政権の迷走が続けば、債務上限や景気下支えといった課題に対処する政策の停滞リスクが一段と高まる。

「下院議長を甘くみないほうがいい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン