お茶の文化、育てて体感 京都学園大(キャンパス新景)

大学
2019/1/26 11:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都学園大の亀岡キャンパス(京都府亀岡市)に広がる約200平方メートルの畑。一画の茶園で2018年12月下旬、学生4人が稲わらを敷くなど手入れに励んでいた。本格的な冬が訪れ、地面の冷えで茶葉が枯れるのを防ぐ作業だ。

世話をするのはバイオ環境学部の学生。お茶の伝統文化を学ぼうと、16年4月に学生がゼミを自主的に立ち上げた。6種類の苗木を植えて栽培するところから始め、週1回集まって除草したり肥料をま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]