/

逮捕の父「生活態度注意」 死亡小4はいじめと回答

(更新)

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡しているのが見つかった事件で、県警が傷害容疑で逮捕した父の勇一郎容疑者(41)が調べに「生活態度を注意したらもみ合いになった」と話していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。県警は虐待があったとみており、司法解剖して死亡との関連を調べる。

心愛さんを県柏児童相談所が一時保護したのは、市内の別の小学校に通っていた2017年ごろにアンケートで「父からいじめを受けている」と回答したためだったことも判明。複数のあざがあったことから、県警は虐待を受けていたとみている。

心愛さんは18年1月に現在の学校へ転校。校長によると、転校後は生活の相談もなく、両親も運動会などに参加。校長は「家族関係はうまくいっていると思っていた」と話した。

県警によると、容疑者が24日深夜「娘を風呂場に連れて行ってもみ合いになり、意識や呼吸がなくなった」と110番。駆け付けた救急隊員が死亡しているのを発見した。

県警は24日午前10時ごろから午後11時20分ごろ、自宅で冷水シャワーを掛けたり首付近をつかんだりしたとして、25日に逮捕した。逮捕後の認否を明らかにしていない。26日に送検した。

心愛さんは母親(31)と妹(1)を含め4人暮らし。今年1月7日の始業式から欠席していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン