2019年9月20日(金)

ブラジルでヴァーレ保有のダム決壊、200人行方不明

2019/1/26 6:15
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルで25日、資源大手ヴァーレが保有する鉱山ダムが決壊し、少なくとも200人が行方不明となった。ブラジルでは2015年にも同社が出資する企業の鉱山ダムが決壊する事故が起きている。

ダムの決壊で泥流が流出し、多大な被害が発生した(25日、ブラジル・ミナスジェライス州)=ロイター

ダムの決壊で泥流が流出し、多大な被害が発生した(25日、ブラジル・ミナスジェライス州)=ロイター

南東部ミナスジェライス州で採掘に伴う廃液をためていたダムが決壊し、泥流が集落を含む広範囲に流出した。救助活動にあたる地元の消防当局は少なくとも200人が行方不明だと発表した。大手紙フォリャ・ジ・サンパウロは地元政府関係者の話として、ダムの決壊前の警報はなかったと伝えている。

ミナスジェライス州では15年にヴァーレと豪英BHPビリトンが共同出資する鉄鉱山で鉱山ダムが決壊し、19人が死亡。ブラジル史上最悪の鉱山事故と呼ばれている。今回決壊したダムの総貯水量は1270万立方メートルで、前回の事故に比べ4分の1程度の規模とみられるが、森林や集落を含む広範囲にわたり浸水している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。