2019年2月23日(土)

「仲介役引き受ける」メキシコ大統領、ベネズエラ混乱で

中南米
2019/1/26 6:11
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコのロペスオブラドール大統領は25日の定例会見で、混乱が続いているベネズエラに関し、マドゥロ大統領と野党指導者の双方が対話に応じることに合意したうえで「求められれば喜んで仲介役を引き受ける」と話した。ただ双方が事態の収拾に向けて対話に入るかどうかは不透明な状態だ。

メキシコのロペスオブラドール大統領=ロイター

ベネズエラでは23日に野党指導者のグアイド国会議長が「暫定大統領」への就任を宣言。米国や中南米諸国が相次いで承認する一方で、ロシアや中国、キューバなどはマドゥロ氏を支持する意向を示し、膠着状態になっている。メキシコは南米ウルグアイとともにグアイド氏を承認せずに、マドゥロ氏とグアイド氏の対話による解決を求めている。

マドゥロ氏は25日の会見で「対話の用意は出来ている」と話し、野党側との対話に応じる姿勢を見せた。一方、グアイド氏は同日、「マドゥロ氏が大統領を辞めて自由選挙を実施するなら対話に応ずる」と話した。現状ではマドゥロ氏が野党側の要求に応ずる可能性は少なく、解決の糸口は見つかっていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報