/

小4女児死亡、父親逮捕 冷水シャワー浴びせた疑い

(更新)

千葉県警は25日、自宅で小学4年の長女、栗原心愛さん(10)に冷水シャワーを浴びせるなどの暴行を加えたとして、傷害の疑いで同県野田市山崎の自称会社員で父親の勇一郎容疑者(41)を逮捕した。心愛さんは自宅で死亡が確認された。複数のあざがあり、県警は虐待を受けていたとみて、司法解剖して関連を捜査する。

県警や市教育委員会によると、心愛さんは母親(31)と妹(1)も含め4人暮らし。今年1月7日の始業式から小学校を欠席しており、容疑者が学校に「妻と実家に戻っているので休ませる」と連絡したという。県柏児童相談所が2017年ごろに心愛さんを一時保護したこともあったといい、県警は経緯を調べる。

逮捕容疑は24日午前10時ごろから午後11時20分ごろ、自宅で冷水のシャワーを掛けたほか、首付近をわしづかみにしたり、髪を引っ張ったりした疑い。県警は認否を明らかにしていない。

心愛さんは沖縄県に住んでいたこともあり、18年1月には野田市内の別の学校から転校した。転校前の学校の教頭によると、心愛さんは私生活について当時の担任に相談。市はこの学校から17年11月「虐待を受けている」との連絡を受けた。

野田署や柏児相が参加する市要保護児童対策地域協議会も心愛さんの情報を共有していた。県警は「ただちに対応すべきだとは考えなかった」と説明、児相は「詳細は明らかにできない」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン