2019年9月17日(火)

かまくらで日本酒搾り―上川大雪酒造、売り上げを町に寄付

2019/1/25 20:00
保存
共有
印刷
その他

上川大雪酒造(北海道上川町)は低温を保つ「かまくら」で日本酒づくりを始めた。町内で26日オープンする直営店で冬季限定商品として発売、観光客を呼び込む。数十本販売し、売り上げ全額を上川町に寄付する。

直営店の外に幅約4メートル、高さ3メートルのかまくらを設置。もろみを袋に入れタンク内でつるし、しずくを集める。寒冷・積雪地ならではの貯蔵法で強い圧力をかけず日本酒ができ、まろやかで上質な味に仕上がる。「純米大吟醸 かまくら雫(しずく)取り」(720ミリリットル)として5400円(税込み)で販売する。

同じ製法は、高砂酒造(旭川市)が旭川市内で20年以上続けていたが、温暖化を理由に2016年中止。より寒冷な上川町で、新興酒蔵の上川大雪酒造により復活した。

かまくらは、層雲峡温泉で「氷瀑まつり」が25日開幕するのを前に、町職員10人が重機などを使い完成させた。上川町と連携し道内外のファンを獲得してきた「地方創生蔵」(塚原敏夫社長)として、売り上げは町に寄付する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。