2019年5月22日(水)

金融サービス相談34%増、財務局

2019/1/25 20:00
保存
共有
印刷
その他

北海道財務局は2018年4~9月期の金融相談と多重債務相談の結果をまとめた。金融サービスの相談は286件と、前年同期比73件(34%)増えた。仮想通貨交換業についての相談は4倍の59件あり、全体の2割を占めた。仮想通貨ブームに便乗した詐欺への相談が多かった。銀行や信用金庫についての相談は4件(7%)増の62件と最も多かった。

多重債務相談は16件(8%)減の183件だった。原因別でみると低収入・収入減少による相談が59件あり、全体の3割を占めた。年収別では300万円未満の世帯が84件と約半数あった。クレジットカードや教育ローンの返済が滞るケースが目立った。負債は200万円未満が全体の4割に達した。

財務局はギャンブル依存症や奨学金返済などが社会問題となっていることを考慮し、対応を強化している。18日にはスキルアップ研修会を実施。道内の自治体や消費者協会の職員160人を対象に、弁護士など専門家4人を招いて傾向や留意点を説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報