2019年5月20日(月)

ノーベル賞大隅氏の基金、東工大の若手6人に助成

2019/1/25 19:18
保存
共有
印刷
その他

東京工業大学は25日、2016年のノーベル生理学・医学賞を受けた大隅良典栄誉教授の賞金で設立した基金を使い、学内の若手6人に研究助成すると発表した。太田健二准教授や吉田啓亮助教ら30歳代の研究者で、1人につき最高で250万円を受け取る。大隅栄誉教授は「若い人には頑張って欲しい。元気に研究できる環境をつくりたい」とエールを送った。

大隅栄誉教授は授与式で若手研究者にエールを送った

過去の業績よりも「何かを解明したい」という研究者の意欲を重視して選んだ。太田准教授は大出力レーザーを使って地球の中心付近の状況を再現、コアにある鉄の温度と圧力の解明を目指している。吉田助教は植物の光合成が夜に抑制される仕組みをたんぱく質の構造などから解明しようと取り組む。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報