/

この記事は会員限定です

中川運河ににぎわいを 名古屋市と企業、再開発で連携

[有料会員限定]

名古屋市中心部と名古屋港を結ぶ大動脈として栄えた中川運河のにぎわいを取り戻そうと、市や企業が連携して再開発に乗り出した。岡谷鋼機が運河沿いの倉庫群を昭和初期の姿に復元し、愛知ドビーは倉庫跡地に飲食店を出す。市は規制緩和で後押しする。2027年のリニア中央新幹線開業に向け、ナゴヤを代表する観光スポットを目指す。

運河沿いにお目見えするのは白壁に黒い三角屋根が特徴的な6棟の倉庫群――。作業を進めてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン