/

この記事は会員限定です

経営者に望まれるAIへの理解 取り残される日本企業

[有料会員限定]
日経クロストレンド

米国や中国では、人工知能(AI)を使ったソリューションを積極的に採用して成果を上げる企業が多いが、日本では少なく、それどころか導入さえしない企業が珍しくない。日本のAIベンチャーの1社、ABEJA(東京・港)の岡田陽介代表取締役に、日本企業がAI導入で後れを取る理由と今後の改善策を聞いた。

――米国や中国では、顧客データの分析や画像認識、音声認識などの領域に、新たに開発されたAIソリューションを積極...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン