カシオ、20年3月期に楽器事業を黒字転換 8期ぶり

2019/1/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カシオ計算機は2020年3月期に楽器事業の営業損益を黒字化する計画だ。高コスト体質が響き前期は約10億円の赤字を計上したほか、今期も小幅の赤字を見込み、事業の採算改善が経営課題となっている。売れ筋への商品の絞り込みや部材調達方法の見直しなどを通じ、売上高が現状の200億円程度でも10億円程度の黒字を計上可能な体制構築を目指す。

楽器事業が黒字化すれば12年3月期以来、8期ぶりだ。主に普及価格帯の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]