世阿弥「風姿花伝」 究極の芸道「秘すれば花」
文学周遊)京都市~貴族文化に触れ世界観深める

2019/1/26 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都の観世流能楽師の拠点、京都観世会館で13日、新年恒例の1月例会が催された。天下泰平(たいへい)をことほぐ「翁」など能4曲と狂言1曲が上演され、補助席が出る入り。東京から来演した観世流二十六世宗家の観世清和さんは人気曲「羽衣」を勤め終えると、「京都は謡を代々習っている方がまだまだいて、公演を支えてくださっています」とほほ笑んだ。

本書は室町時代に能を大成した世阿弥が父・観阿弥の遺訓をもとにつづ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]