/

この記事は会員限定です

高速バスのウィラー、MaaSに挑む 北海道・京都で

[有料会員限定]
日経クロストレンド

移動手段をサービスとして提供する「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」のプレーヤーとして注目を集めているのが高速バス大手のウィラー(大阪市)だ。2018年9~10月には、北海道旅客鉄道(JR北海道)などと組んで、観光型MaaSの実証実験を行った他、19年には北海道での取り組みの第2弾、そしてウィラーが運営を担う「京都丹後鉄道(丹鉄)」の沿線でもMaaSを展開すべく準備に入るという。村瀬茂...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン