/

この記事は会員限定です

帝国繊維、「株主重視」へ狭まる包囲網

証券部 森國司

[有料会員限定]

消防ホースなど防災関連事業を手掛ける帝国繊維に対する、投資家からの圧力が強まっている。国内運用会社のスパークス・グループは22日、大幅増配などを求める株主提案をしたと発表した。帝国繊維側は増配提案に反対する意向だが、3月に開催する定時株主総会に向けて、投資家による包囲網は徐々に狭まりつつある。

「本業とシナジーが薄い資産が積み上がり、企業価値を毀損している」。帝国繊維の約5.5%の株式を保有するスパークス・アセット・マネジメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン