2019年4月20日(土)

宇宙のごみ、官民で「お掃除衛星」開発

スタートアップ
自動車・機械
科学&新技術
2019/1/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文部科学省と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年度から、宇宙空間を漂う大型の宇宙ごみ(スペースデブリ)の除去技術を開発する。企業と連携し、25年度にも「お掃除衛星」を打ち上げ、宇宙空間に残ったロケットの一部などの除去を目指す。宇宙ごみは増え続けており、人工衛星などを壊す恐れもある。官民連携の技術開発を通じ、新たな宇宙ビジネスの育成につなげる。

宇宙ごみには、使い終えた人工衛星や打ち上げ時…

宇宙ごみ、衛星のエンジンで掃除[有料会員限定]

2018/11/20 6:30

宇宙ごみを衛星で監視 防衛省が打ち上げ検討[有料会員限定]

2018/8/21 6:49

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報