/

この記事は会員限定です

安くなるのか携帯料金、有識者会合メンバー北氏に聞く

仕事に効くスキル

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

「4割程度値下げする余地がある」。菅義偉官房長官の「鶴の一声」で火がついた携帯料金の値下げ論争。総務省は市場の競争促進策を議論する有識者会合を立ち上げ、改革案を提示した。会合の構成員でもある野村総合研究所の北俊一パートナーに現状や展望を聞いた。

NTTドコモなど携帯大手の販売手法はこれまで、スマートフォン(スマホ)の購入を前提に毎月の通信料金を2年間安くする「セット販売」が主流だった。値引きを前提としている通信料金が高止ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン