/

この記事は会員限定です

突然の痛み、脳脊髄液減少症に

NPO法人「両育わーるど」代表 重光喬之さん(1)

[有料会員限定]

脳脊髄液減少症を知る人はどれくらいいるだろうか。2000年ごろから研究が始まった比較的新しい病名で、知名度が高いとはいえない。脳や脊髄を覆う硬膜の中を満たす髄液が漏れ、頭痛やめまいなど、さまざまな症状を引き起こす。きっかけは事故など外傷性の場合もあれば、原因不明のこともある。

患者は全国に数十万人とされるが、治療法は研究途上で病気の定義すら曖昧だ。治療費への保険適用も一部に限られる。現代医学で完治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン