2019年9月20日(金)

三菱自・パナなど4社、技能実習の認定取り消し
計画・労基法違反など計136人 5年間受け入れできず

2019/1/25 14:00 (2019/1/25 17:15更新)
保存
共有
印刷
その他

法務省と厚生労働省は25日、三菱自動車パナソニックなど4社の技能実習計画の認定を取り消した。計画と異なる作業をさせていた三菱自の27人、労働基準法違反で罰金を科されたパナソニックの82人を含む計136人の実習生が対象だ。

4社は5年間、技能実習のほか、4月導入の在留資格「特定技能」で新たな受け入れができなくなる。取り消しの公表は2017年11月の技能実習適正化法施行以降、大企業では初めて。

取り消したのは(1)三菱自の愛知県岡崎市の工場で働いていたフィリピン人実習生27人(2)パナソニックの富山県砺波市の工場などで中国、マレーシアの82人(3)鋳造のアイシン新和(富山県入善町)で中国の24人(4)鉄筋施工のダイバリー(茨城県坂東市)でタイの3人――。

本人の希望に基づき、新たな受け入れ先に転籍または帰国する。既に転籍・帰国した実習生もいる。

三菱自は岡崎市の工場で実習生に計画に記載した半自動溶接作業ではなく、部品の組み立て作業などをさせていた。不正の疑いのある情報を把握した外国人技能実習機構と法務省による立ち入り調査で発覚した。

法務省と厚労省は27人とは別に1人の実習生については計画を継続したうえで適正な業務内容に変更するよう求める改善命令も出した。

三菱自が同様の不適正な受け入れを08年~18年の10年間にわたり続けていたことも発覚した。不適正な受け入れの延べ人数は明らかになっていない。

パナソニックは砺波市の工場で過労自殺した40代男性社員に違法な長時間残業をさせ、労基法違反で砺波簡裁から18年3月28日付で罰金30万円を支払うよう略式命令を受けていた。

技能実習法は企業が認定計画に従った実習をさせていないなどの場合、法相が実習認定を取り消すことができると定めている。

取り消し対象とならなかった実習生は計画期間中は実習を続けるが、企業は5年間、新たな計画の認定を受けられなくなる。三菱自は18年5月末時点で65人、パナソニックは19年1月24日時点で約160人を受け入れていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。