アマゾン配達ロボット、シアトル近郊で稼働開始

2019/1/25 12:23
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

米アマゾン・ドット・コムは2019年1月23日(米国時間)、荷物配達ロボット「Amazon Scout(アマゾン・スカウト)」を発表した。歩行者と同等のスピードで障害物を避けながら歩道を走行し、消費者の自宅の玄関先まで荷物を届ける。

Amazon Scout(出典:米アマゾン・ドット・コム)

Amazon Scout(出典:米アマゾン・ドット・コム)

同日、本社がある米シアトルに近いワシントン州スノホミッシュ郡で運用を開始した。6台のAmazon Scoutが月曜日から金曜日までの日中、消費者の自宅へ荷物を運ぶ。現時点では研究開発段階のロボットであり、アマゾンの従業員が必ず付き添う。

Amazon Scoutは6輪のロボットで、荷物を載せるスペースは保冷構造になっている。アマゾンがシアトルに設けるロボット研究部門が開発したもので、本体搭載のセンサーがペットや歩行者、障害物などを検出して、それらを避けながら移動する。

アマゾンは13年12月にドローンを使った配送サービス「Prime Air(プライム・エア)」の構想を発表したが、まだ実現していない。ロボットを使った無人配達は、空ではなく地上で先行することになりそうだ。

(日経BP社シリコンバレー支局 中田敦)

[日経 xTECH 2019年1月24日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]