/

この記事は会員限定です

ビヨンドネクスト・伊藤社長「事業と基礎研究の両立を」

NEXTユニコーン業種別分析(4)識者・VCに聞く~研究開発型編

[有料会員限定]

日本経済新聞社の「NEXTユニコーン調査」ではロボットや宇宙、医療といった研究開発型のスタートアップが企業価値を伸ばした。推計企業価値が100億円を超えた企業は15社あった。日本で研究開発型企業がさらに育つには何が必要か。大学発スタートアップなどに多く投資する独立系ベンチャーキャピタル(VC)、ビヨンドネクストベンチャーズ(東京・中央)の伊藤毅社長に聞いた。

大学の先端技術がベース

――成果が出るまで時間がかかる研究開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン