/

リチウムイオン電池 発火事故、5年で倍増

製品評価技術基盤機構(NITE)は25日までに、スマートフォンやノートパソコンなどに使われるリチウムイオンバッテリーの発火事故が5年間で2倍以上になったとして、注意点を呼び掛けた。

NITEによると、2018年3月までの5年間にバッテリーの発火は402件あった。13年度は46件だったが、17年度は121件に上った。18年度はこれを上回るペース。

NITEの担当者は注意点として(1)リコール対象か確認する(2)就寝中に体の近くで充電しない(3)衝撃を与えない(4)分解や改造をしない――ことを挙げている。

経済産業省は、うち、持ち運び可能な「モバイルバッテリー」を電気用品安全法に基づく規制対象とし、基準に適合しない製品の販売を2月から禁止する。適合した製品には「PSEマーク」が付き、判別できるようになっている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン