/

この記事は会員限定です

AIの未来は? ダボスで議論白熱、アリババやグーグル

[有料会員限定]

【ダボス(スイス東部)=細川倫太郎】世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、AI(人工知能)を巡る議論が熱を帯びている。経営効率化や消費者ニーズの把握などAIは競争力向上の重要なツールになる可能性がある。一方、失業者の増加など副作用を懸念する声も多い。いかにAIの負の面を最小化し、経済発展につなげるかが問われている。

「ブレークスルーが実現できた」。米グーグルの持ち株会社アルファベットのルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン