/

英も米方針支持、ベネズエラ問題

ハント外相「国民に計り知れないダメージ」

【ロンドン=中島裕介】英政府は24日、政情不安が続く南米ベネズエラへの対応で米国の方針を支持するハント外相の声明を発表した。ハント外相は「我々はフアン・グアイド国会議長を正しい指導者と承認した米国の方針を支持する」と表明した。そのうえで米国のペンス副大統領やポンぺオ国務長官と対応策を協議する考えを示した。

ハント外相は主要な野党指導者を排除して大統領選を強行したマドゥロ大統領について「正当な指導者ではない」と強調した。ベネズエラで大量の国外脱出者が発生している点を指摘し、「現政権が国民に計り知れないダメージを与えている」と強く非難した。

既に米州機構(OAS)など一部国際機関がグアイド氏を暫定大統領として認めている。カナダやブラジルなど周辺国も相次ぎグアイド氏を承認する意向を示しており、英国もこの動きを後押しする意向を明確にした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン