新興勢、金融イノベーション競う
売買手数料ゼロ/「おつり」で投資

2019/1/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融業には「手数料無料」など新たなビジネスモデルで勝負するスタートアップ企業による参入も増えている。

米国の新興証券会社、ロビンフッドは利用者数が昨夏に500万人を突破し、老舗ネット証券大手イートレードを超えた。スマートフォン(スマホ)上の簡単な操作だけで取引が完結し、売買手数料はゼロという革新的な事業モデルが利用者を引きつけた。システム化でコストを極限まで引き下げ、顧客に株式などを買う資金を貸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]