フォード苦境 10~12月2年ぶり赤字、中国販売6割減

2019/1/24 20:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターが苦境に立っている。2018年10~12月期決算で、四半期でみて2年ぶりの最終赤字に転落した。最大市場の中国で販売が6割減り、頼みの米国でもシェアを落とした。トランプ米政権や労働組合への配慮から米国でのリストラにも踏み込めず、就任2年目のジム・ハケット最高経営責任者(CEO)は早くも手詰まりに陥りつつある。

同期の最終損益は1億1200万ドル(約12…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]