2019年6月18日(火)

米シェール由来化学製品 行き場失う 中国が関税引き上げアジアに流入 市況悪化、日本の石化の業績に影響も

2019/1/24 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易戦争が日本の石油化学業界に影響を及ぼし始めている。米国ではシェールガスから基礎化学品のエチレンなどを造るプラントが相次ぎ稼働したが、最大の輸出先と見込んでいた中国が米国製品の輸入関税を25%引き上げ、輸出が細った。行き所を失った製品がアジアなど他地域に流入し市況は急落。米中の貿易戦争が長引けば、好調だった日本の石化各社の業績の足を引っ張りそうだ。

「米国のシェール由来品は、米中貿易摩擦の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報