/

札幌市・ドコモ、観光乗り合いタクシーでAI配車

札幌市はNTTドコモと組み、人工知能(AI)技術を活用した観光乗り合いタクシーの実証実験を25日から始める。利用者は主要ホテルのほか、白い恋人パーク、もいわ山ロープウェイなど観光施設8カ所で乗降できる。料金は1日乗り放題で1人当たり3000円。主に訪日外国人客の利用を見込む。期間は2月24日まで。

利用者はスマートフォン(スマホ)のアプリで乗車人数や配車場所、行き先を入力すると、AIが車両やルートを選んでタクシー運転手に伝える。タクシーを割安料金で利用できるようにすることで、訪日客の市内周遊を促す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン