GAFAに負けない稼ぎ方 世界の「分断」が追い風にも
本社コメンテーター 中山淳史

中山 淳史
本社コメンテーター
2019/1/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

官民で旗を掲げたインフラ輸出戦略。その根幹だった海外での原子力事業が、日立製作所の英国でのプロジェクト凍結でいよいよゼロになった。

見渡してみれば液晶、携帯、半導体、原発と、日本の「キャッシュカウ(金のなる木)」と期待された産業は自動車を除いて次々と風前の灯と化しつつある。日本はどこで間違ったのだろう。

元三井住友銀行副頭取で、会計不祥事後の東芝再建を率いる車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

中山 淳史

本社コメンテーター

産業・企業経営

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]