2019年8月18日(日)

太平洋の微細プラごみ 30年に倍増 九大などが予測

2019/1/24 19:10
保存
共有
印刷
その他

九州大学の磯辺篤彦教授らの研究グループは24日、太平洋を漂う微細なプラスチックごみの量が2030年までに現在の2倍ほどになるとの予測を発表した。調査船で採取した微細プラの量や海流などをコンピューターで解析した。微細プラによる海洋汚染がさらに深刻になる恐れが浮き彫りになった。

東京海洋大学などと共同の研究成果で、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載された。

微細プラの海洋汚染は進んでいる(2016年に太平洋で九州大学や東京海洋大学などが調査した様子)。

微細プラの海洋汚染は進んでいる(2016年に太平洋で九州大学や東京海洋大学などが調査した様子)。

海に流出したプラごみは紫外線や波などで壊れて微細な破片になる。5ミリメートル以下の大きさになった微細プラを「マイクロプラスチック」と呼び、有害な物質を吸着しやすくなる性質がある。エサと一緒に誤って食べた魚や貝などの生物に悪影響が懸念されている。

研究チームは海洋を漂う微細プラを1972年から2016年にかけて調査したデータで分析した。2066年までの50年間で微細プラの量を予測したところ、プラごみの対策をとらなかった場合、30年には現在の約2倍、60年には約4倍に達することが分かった。

浮遊プラは2016年夏(上)から2066年夏になると北太平洋で増加する=九大の磯辺教授提供

浮遊プラは2016年夏(上)から2066年夏になると北太平洋で増加する=九大の磯辺教授提供

海面近くを漂う微細プラは海が穏やかな夏に日本近海から北太平洋にかけての海域で増えた。微細プラの流出量が多い東アジアや東南アジアから海流にのって広い海域に運ばれるとみている。磯辺教授は「使い捨てのプラ製品などの使用を減らし、海への流出を抑える対策が必要だ」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。