/

みなと銀、昼夜ロビー開放 武庫川女子大に新店

みなと銀行(神戸市)は今秋をメドに、兵庫県西宮市の武庫川女子大学の施設内に鳴尾支店を移転させる。午後3時の閉店後もロビーを地域住民や学生らに開放する。就活に関心のある学生と企業の交流拠点「知るカフェ」を併設し、地域密着度を高める。

新店舗は武庫川女子大が新設する「武庫女ステーションキャンパス」内。午後9時までロビーを開放する。地域コミュニティーの拠点としてコンサートなどに活用してもらう。

みなと銀と武庫川女子大は協力協定を結んだ。服部博明頭取は「学生や地域に愛されるよう、若々しい発想を生かした店舗づくりをしたい」と話した。女性の起業家育成の支援にも力を入れるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン